ラバー選びでお悩みの方へ!フォア面で使いやすいオススメラバー10選

フォア面オススメラバーラバー

ラバーはフォア面とバック面でそれぞれ使いやすさが違って来ることが多いです。同じラバーでも、このラバーはフォア面で使いやすい、あっちのラバーはバック面で使いやすいなど、それぞれ違いがありますよね。

選ぶ際の基準は、自分がスピードドライブが得意なのか、ラリー重視なのかなどで変わってきますが、どのラバーが合っているかわからないものです。

この記事では、フォア面で使いやすいオススメのラバーを10撰して紹介していきます。フォア面のラバー選びで悩んでいる方は、是非参考にしてください。

スポンサーリンク

フォア面でオススメのラバーの特徴

オススメのラバーを紹介する前に、まずフォア面でオススメするラバーの特徴を説明していきます。

男性やスイングスピードの早い方へのオススメラバーの特徴

男性やスイングスピードの早い方へのオススメラバーの特徴は、スポンジが硬めのラバーになります。

硬めのラバーを選ぶことによって、スイングスピードの速さを生かしたドライブが打てますし、威力や重みのあるドライブが打ちやすくなります。

逆に柔らかすぎるラバーを選んでしまうと、打球感がグニャッとしてうまく飛ばせないと思うので、男性やスイングスピードの早い方は、硬めのラバーを選ぶようにしましょう。

女性やスイングスピードの遅い方へのオススメラバーの特徴

女性やスイングスピードの遅い方へのオススメラバーの特徴は、スポンジや打球感が柔らかいラバーになります。

柔らかいラバーを選ぶことによって、スイングスピードの遅い方でもスポンジにボールをしっかりと食い込ませて打球できるため、ボールが安定してくれますしコントロールが良くなります

逆に硬すぎるラバーを選んでしまうと、自分の力で打つ前にボールがラバーから離れて飛んでいってしまうので、コントロールも難しいですしボールが安定しないので、注意しましょう。

スポンサーリンク

フォア面で使いやすいオススメラバーを10枚紹介

ではフォア面で使いやすい、オススメラバーを10枚紹介していきます。今回は硬めのラバーを5枚、柔らかめのラバーを5枚の合計10枚を紹介します。

フォア面で使いやすいオススメの硬いラバーを5枚紹介

まずは、フォア面で使いやすいオススメの硬いラバーから紹介していきます。男性の方やスイングスピードが早い方はこちらを参考にしてください。

1.V15エキストラ(VICTAS)

v15エキストラ

V15エキストラは、VICTASの中で一番上級者向けのラバーで、丹羽孝希選手も使用していることで有名です。ある程度スイングスピードがなければ使いこなすことは難しいですが、使いこなせれば威力のある直線的なスピードドライブを打つことができます。

硬度:47.5度、打球感:やや硬め、定価:6,000円+税

2.ファスタークG1(Nittaku)

ファスタークG1

ファスタークG1は、個人的にはフォアでもバックでも使いやすい万能ラバーだと思っています。スポンジは硬めですがシートが柔らかく、威力のあるドライブも打てますし、ボールを掴む感覚が抜群で、安定感もあります。

硬度:47.5度、打球感:やや柔らかめ、定価:6,000円+税

3.ディグニクス09C(BUTTERFLY)

ディグニクス09c

ディグニクス09Cは、卓球界の中でも最も高いくらいの高級ラバーですが、その分性能も抜群です。ドライブの威力はもちろん出ますし、粘着テンションラバーなので弾みも回転も抜群のハイスペックラバーです。

硬度:44度、打球感:やや硬め、定価:オープン価格

4.キョウヒョウプロ3ターボブルー(Nittaku)

キョウヒョウターボブルー

キョウヒョウプロ3ターボブルーは、キョウヒョウシリーズの中でも一番性能の良いラバーです。キョウヒョウは弾まないイメージがありますが、ターボブルーは弾みもよく回転もめちゃくちゃかかってくれるラバーです。

硬度:50度、打球感:硬め、定価:6,300円+税

5.ラクザZエクストラハード(YASAKA)

ラクザZエクストラハード

ラクザZエクストラハードは、粘着性のシートで回転もしっかりかかりますし、50度以上のかなり硬いスポンジで高い威力を実現したラバーになります。かなり硬いスポンジを使用しているので、スイングスピードや筋力に自信がないと、うまく飛ばせないかもしれません。

硬度:52度〜57度、打球感:硬め、定価:5,200円+税

フォア面で使いやすいオススメの柔らかいラバーを5枚紹介

続いて、フォア面で使いやすいオススメの柔らかいラバーを紹介していきます。女性の方やスイングスピードが遅い方はこちらを参考にしてください。

1.テナジー05(BUTTERFLY)

テナジー05

テナジー05は、BUTTERFLYの人気ラバーで多くのプロ卓球選手も使用しています。テナジー05はスピードや回転のバランスが良く、ドライブからカウンターまで幅広い技術が打ちやすいラバーになっています。

硬度:36度、打球感:柔らかめ、定価:オープン価格

2.ラクザ7ソフト(YASAKA)

rubrakza7soft

ラクザ7ソフトは、スポンジを柔らかくして安定性を極限まで高めたラバーです。スポンジがかなり柔らかめなので、ドライブのコントロールがしやすくラリー中心の選手にかなりオススメのラバーになっています。

硬度:37度〜42度、打球感:柔らかめ、定価:5,000円+税

3.ラザンターR42(アンドロ)

ラザンターR42

ラザンターR42は、硬すぎず柔らかすぎず程よい打球感のラバーです。上級者には少し柔らかすぎると感じるかもしれませんが、中級者にはオススメのラバーです。ドライブやブロックなど攻守ともに安定志向の方にオススメです。

硬度:42度、打球感:柔らかめ、定価:6,200円+税

4.V15スティフ(VICTAS)

v15stiff

V15スティフは、程よい柔らかさで安定性やコントロール性も優れていますが、威力のあるドライブも打ちやすくなっています。攻守バランス良くプレーしたい方にオススメです。

硬度:45度、打球感:やや柔らかめ、定価:6,000円+税

5.エボリューションEL-P(ティバー)

エボリューション

エボリューションEL-Pは、ティバーという海外メーカーのラバーになります。最近じわじわと人気の出てきているエボリューションシリーズのラバーで、ボールを掴む感覚が優れているので、使っていて安心できるラバーです。

硬度:42.4度~44.4度、打球感:やや柔らかめ、定価:6,000円+税

スポンサーリンク

まとめ

この記事では、フォア面で使いやすいオススメのラバーを10撰して紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか?

ラバー選びは、自分のプレースタイルによって変わってきますし、筋力がるかやスイングスピードが早いかどうかによっても、合うラバーは変わってきます。

フォア面のラバーを変えようとしていて悩んでいる方は、硬いラバーと柔らかめのラバーをそれぞれ紹介しているので、是非参考にして自分のプレースタイル似合ったラバーを選んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました